民主党参議院議員、中国謝罪の旅

2009年05月07日

日本でも報じられている件を5月6日の新華網の記事から。

5日朝、日本の参議院議員・相原久美子は、88歳の王質海老人と抱き合い涙し、相原は王質海老人に何度も”申し訳ありません”と繰り返した。加害国の一人の議員と、被害側の一人の生存者、中国の東北に位置して77年になる炭鉱の町、撫順市が最も輝いた一瞬だった。

民主党所属の日本の参議院議員・相原久美子女史は、中国の東北に位置する遼寧省撫順市に初めてやってきた。この土地は、70数年前は日本の占領地となり、3,000数名の中国平民が日本軍に殺害された”平頂山惨事”(1932年)が、平山久美子が立っているこの地で発生した。王質梅老人は、死者の山から這い出たせ依存者で、事件発生当時はたった11歳で、両親と弟とを虐殺によって失っている。

「私の母は、今の王質海と大体同じぐらいの年齢です。彼女は中国済南で5年生活し、非常に多くの中国人の助けを受けました」、「母は私に、戦争は人を変える、戦争は最大の罪悪であると教えた。私達は歴史を鑑とし、新たな日中友好関係を建設しなければならない」と相原は述べた。

小柄な相原久美子は、東京から中国にやってきて、滞在はたった30数時間。彼女の今回の旅の目的は、一通の手紙を渡すことだ。この手紙には、10人の日本の衆議院議員、14人の参議院議員の名前が記されており、書面には”平頂山惨事”の生存者に対する謝罪の意に相当することが綴られている。手紙には次のようにある、”一人の人間として、日本国民によって選出された国家議員の一人として、我々は心の底から謝罪の意を表します”。

”私は、初めて撫順に来て、平頂山事件の真実の現場に初めて触れました”と相原は撫順視察の最初に平頂山惨事遺跡記念館を訪れ、最初に感じたのは”驚き”であったという。

1932年9月16日、中国団欒の中秋を過ぎた頃、中国侵略日本軍は、老人、夫人を含め3,000数名の無抵抗な庶民を平頂山に集め、集団大虐殺を行い、遺体を燃やし痕跡を消し、内外が震撼する”平頂山惨事”を行った。1970年代、撫順市は惨事の遺跡で遺骨の発掘を行い、記念館を建てて弔った。

相原は、生存者達に一通、一通お詫びの手紙を手渡した。彼女は、王質梅の手を取り「申し訳ない、あなたたちは苦しい目にあいました」と述べた。

現在、”平頂山惨事”の生存者はたった5人のみで、平均年齢は90歳近い。

平頂山惨事遺跡記念館を去る前、相原久美子は中国側の人間と一緒に2本の松を植えた。彼女は、日中友好が永遠に続くよう、平頂山受難者の魂が安らかに眠るよう願った。

新華網「“我帶來24名議員的致歉信”――日本國會女議員訪問“平頂山慘案”遺址

大江何某や東何某、糞坊主の土下座の旅と違うのは、この相原久美子、先の参議院選挙で民主党から比例区として出馬し個人名で50万票以上を獲得し当選した人物だということ。この数字は、民主党候補の中ではトップ。

おまけに年金問題が大きな焦点となった選挙で、問題視されていた自治労が送り込んだ人物。自治労は民主党の有力な支持母体のひとつ。民主党内での発言力が、その辺の1年目のヒラ議員とはわけが違います。

であるので24名もの議員の署名を得ることができたのでしょう。署名したのは、この24人。

日本国衆議院議員
逢坂城二、郡和子、近藤昭一、佐々木隆博、原孝、田島一成、筒井信隆、平岡秀夫、山田正彦、横光克彦
日本国参議院議員
相原久美子、犬塚直史、岡崎トミ子、神本美惠子、今野東、谷岡郁子、中村哲治、那谷屋正義、白眞勲、藤谷光信、松浦大悟、松岡徹、松野信夫、水岡俊一
遼一網「日本民主党参議院議員就平頂山惨案首次道歉

『朝日新聞』の記事によると、今回の件を主導したのは「平頂山事件」で対日賠償を求め日本で訴訟を起こした弁護士のようで、この2人も今回の旅に同行したと遼一網の記事にはあります。

しかし、大江何某や東何某、糞坊主と違うのは、中国内での扱いの大きさ。大江何某や東何某、糞坊主やらの行動は、新華網が特別ページを設けるほどだったのですが、今のところ扱いが格段に小さいです。

この件でメディアの取材に応じているのが、撫順市の人大副主任と市政協主席であるというところからも扱いの低さが伺えます。タイミングを逸した行動だった、ということのようです。

ただ気になるのは、日本駐台北代表が「台湾地位未定論」に言及したことに対する反論がポツポツ散見できたり、これに合わせて台湾、香港、マカオなどの”保釣”どもが「政府の圧力で”保釣”できない」と矛先を台湾政府に向けたり、5月7にの中共外交部定例会見で「映画 『南京!南京!』は日中関係に影響を及ぼさないか?」なんて質問が飛んでみたり、なんだか嫌な空気を感じないわけではありません。

その他、米中の南シナ海での衝突や外交部が「国境・海洋局」を設立したりと、対日を含めきな臭い動きがわんさとあって、もう大変。

ブログランキング ←宜しければランキングに1票をお願いします。

posted by タソガレ at 23:19 | Comment(3) | TrackBack(1) | 反日侮日媚日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのTrackBack URL 

この記事へのコメント
自治労 相原久美子(LongVer.)
http://www.youtube.com/watch?v=87kfMHboxGk

どうでもいいですが、この相原久美子氏は、自治労の幹部だった人でしょ。
年金問題でも追及されてしかるべき立場にありましたが、「自民にお灸をすえる!」というお気楽日本人に選ばれて、参院選では見事トップで当選していましたな…。

>今回の件を主導したのは「平頂山事件」で対日賠償を求め日本で訴訟を起こした弁護士のようで、この2人も今回の旅に同行したと遼一網の記事にはあります。

被害者の数も中国側発表と日本側発表(但し田辺氏ら)とは大きく隔たっていたようですが、中国側発表を鵜呑みにして適当に謝罪しちまえ!という事でせうか?
おどろおどろしぃプロパガンダに使用されますなぁ・・・10年後、20年後…ゾゾゾッ!
30年後の死者は、きっと100万人ぐらいに膨れ上がっている事でしょう!
Posted by ajaj at 2009年05月08日 05:57
初めまして。

実は、今回の記事にでてくる新華網の日本語訳ですが、拙ブログでも引用させて頂きましたので、事後報告となってしまいますが、引用をお許しください。
また、トラックバックもさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

ところで拙ブログでも書いたのですが、この”お詫び”なる手紙の内容全文はわからないのでしょうか?

”日本国民によって選出された国家議員の一人として”とまで公言しているのなら、当然我々にも公開してもらいたいものですが…。
Posted by 一知半解 at 2009年05月09日 00:36
> ajajさん。
顔に絆創膏を貼っていたことを散々叩かれていた人もいましたね。
意味がわかりません。

相原久美子なる人物が、どのような歴史観、対中外交観を持っているのか知りませんが、あちらのニュース映像を見る限り、これぞ自虐という映像でしたよ。


> 一知半解さん。
> 当然我々にも公開してもらいたいものですが…。
おっしゃる通りですね。
堂々と公開すりゃーいいものを、ざっと眺めた限り未だに公開されていないようですね。
と、いうことで中国語訳されたものを日本語訳してみました。
http://ihasa.seesaa.net/article/118989532.html
Posted by タソガレ at 2009年05月09日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

中国謝罪の旅に出かけた相原久美子議員のその後の行動を注視していきます。

Excerpt: 岸田秀の紹介記事を書こうと思いましたが、こういうニュース↓を読んだものですから、取り上げてみました。 ■平頂山事件 民主議員「日本政...
Weblog: 一知半解なれども一言申す
Tracked: 2009-05-09 00:37