日中韓サミット@新華社

2009年10月14日

10日に報じられた新華社の記事をば。

新華網北京10月10日電(記者、廖雷、戦艶、幹玉蘭)第二回、中国、日本、韓国指導者会議が10日、北京の人民大会堂で行われた。中国国務院総理・温家宝、韓国大統領・李明博、日本首相鳩山由紀夫が会議に出席した。会議は温家宝が主宰。友好的で実務的な雰囲気の中、三カ国の指導者は、中日韓協力の10年の歩みを振り返り総括し、三カ国協力の未来を展望し、共に関心ある国際、地域の問題に深く切り込み、率直に誠意ある意見交換を行い、広範な共通認識に達した。

温家宝は発言の中で、中日韓はお互いに近隣であり、またアジアの大国であり、協力強化は単に三カ国それぞれの利益に合致するだけでなく、アジア、ひいては世界にとっても有利であると指摘した。今年は中日韓協力10周年だ。ここ10年、三カ国の協力は著しい進展を得、政治において、ハイレベルの交流が頻繁になり、対話の構造が日々整備され、相互信頼が不断に増強されてきた。経済においては、お互いが重要な貿易パートナーとなり、多くの重点領域で協力が展開されている。様々な人々の交流が多彩となり、国民間の相互理解と友情の感情が増進されてきた。地域協力が進む中で、他の協力構造とお互いに補完しあい、お互いに促進してきた、と述べた。

温家宝は、これまでの歩みを振り返り、次のような重要な点を啓示した。ひとつ、長期的視野と戦略的高度から三カ国の関係を眺めることを堅持することは、極めて重要である。相互尊重、善隣友好、お互いの関心事と核心的利益に配慮することは、中日韓協力の政治的基礎である。ふたつ、互いに利益ある協力を強化し、三カ国の国民が実際に利益を得ることは、中日韓協力を深化させる重要な推進力である。みっつ、三カ国の国民が密接に連携し、世代友好、当代利益を堅持することは、末代までの功である。よっつ、地域と国際事務における意志疎通と協調を強化することは、共同の利益を維持するのに更により良い環境をもたらす。

温家宝は、世界が大変革、大調整、大発展の時代の中にある今、中日韓三カ国は新たな機会、新たな挑戦に直面している。全面的に協力を深めることだけが、それぞれの発展促進に更によい環境をもたらし、東アジア地域の融合と一体化のプロセスを推進し、世界平和のために、発展と繁栄を生み出し貢献できるのだ。中日韓協力は時代の潮流に順応し、大いにやるべき事柄だ。

新華網「温家寶主持第二次中日韓領導人會議

これは毎年10月に内閣府が行っている調査で、まさに現在行われていると思われます。集計結果の発表は12月頃。どの程度回復しているでしょうかね。

続きます。

温家宝は、以下のいくつかの方面での中日韓協力の効果を提案した。

第一、政治的承諾を履行し、戦略的互信を増進する。ハイレベルの交流を維持し、各レベルでの対話協議システムを十分に利用し、重大な問題における意思疎通と協調を強化し、三カ国のパートナー関係の安定と健康的で末永い発展を推進する。

第二、補い合う利点を強化し、三カ国の合作レベルを上げる。引き続き国際金融危機に対応し、経済回復の促進を第一の任務とし、マクロ経済政策の協調を強化し、共同で保護主義貿易に反対する。中日韓FTAの共同研究の推進を加速させ、できるだけ早くバランスの取れた、実務的で、互恵的な中日韓投資合意に達する。財政金融協力を強化し、アセアンと中日韓地域の外貨準備庫の建設とアジア債券市場の建設を積極的に支持、推進し、地域経済金融の安定を維持し促進し、交通、物流、税関、情報、科学技術、環境保護、エコ経済、公共衛生などの領域での協力を拡大する。

第三、人員の交流を密接にし、三カ国の社会的友好の基礎を強固なものとする。三カ国の民間友好交流を拡大し、三カ国の青少年交流の恒常化、制度化を推進する。文化、教育、メディア、観光、公共人事管理、警務などの領域での交流協力を強化する。

第四、この地域の事務における協調と協力とを強化する。アセアンの一体化と東アジア一体化の建設を支持し、多用な形式の地域、サブ地域での協力を推進し、東アジア経済と社会の発展を促進し、対話と協議の方式で紛争を解決することを堅持し、共通点を求め違いを留め、相互包容、相互理解、相互譲歩で、北東アジアの平和と安定、そして和諧を促進させる。

第五、世界的な挑戦に手を携えて対応し、持続可能な発展を推進する。国際金融体系の改革を推進し、公平公正、包容的で秩序ある国際金融の新たな秩序を建設し、気候変動問題においては、積極的に本国の国情を取り入れた措置で対応し、国際協力に参加し、コペンハーゲン会議の成功を推進する。貧困国家への援助受諾を適切に履行し、国連千年の発展の目標の実現を確保する。

新華網「温家寶主持第二次中日韓領導人會議

中国側から「財政出動をためらうな」、なーんて諭されたのかもしれんねー。

10月13日(ブルームバーグ):菅直人国家戦略担当相は13日午前の閣議後会見で、予算の中身を根本から変えている過程にあると強調した上で、自民党政権が採用していたような中長期の財政健全化目標を早急に設定することは「考えていない」と述べた。

(後略)

ブルームバーグ「菅国家戦略相:中長期の財政健全化目標の設定考えていない(Update1)

10月14日(ブルームバーグ):藤井裕久財務相は14日午後の記者会見で、政府の財政健全化目標について「中長期的な財政健全化計画は年内にとてもできない」との認識を示した。(中略)

藤井財務相は大臣就任前の9月3日に行ったブルームバーグ・ニュースのインタビューで、財政健全化目標を公表する時期について「来年度の予算提出時が1つの目標」としていた。しかし、この日の会見では「まだ経済が非常に変動している。もう少し経済が落ち着いてからという意味で理解してほしい」と述べた。

ブルームバーグ「藤井財務相:中長期的な財政健全化計画は年内にできない(Update1)

人員交流の中で「文化、教育、メディア」の順で並んでいるところにそら恐ろしさを感じます。ただ、この並びは、日本外務省が発表している「日中韓協力10周年を記念する共同声明(仮訳)」と微妙に違っていたり、抜けているもの、例えば「知的財産」、といったものもあって、比べると面白いかも知れません。

また、三カ国の協力を形容する言葉として「開放性」、「透明性」という語句が日本の外務省の概要には頻出するのですが、の新華網の記事では一度も出てこなかったりもします。

続きます。

李明博と鳩山由紀夫は中日韓協力の進展を高度に評価し、中日韓は全て東アジアの重要な国家で、三カ国の協力強化は、三カ国の利益となり、地域と世界の平和、安定と発展の促進にとって重大で深遠な意義を具有していると示した。参加国は相互尊重、共同繁栄の精神に基づき、中日韓の実務協力を更に高いレベルへ引き上げることを推進せねばならない。手を携えて国際金融危機を克服し、この地域の経済をできるだけ早い回復を推進し、国際金融体系の改革を推し進め、三カ国の貿易と投資規模を拡大させ、三カ国のFTA建設の推進を加速させる探求を積極的に進め、より一層商務環境を改善し、共同で保護貿易主義を排斥せねばならない。環境保護、気候変動、新型インフルエンザ、防災などの領域での協力を強化し、”共同するが責任は別”の原則に基づき、コペンハーゲン国連気候変動会議の成功を推進しなければならない。長期的視野で、人文、特に青少年の交流と大学間の協力を促進すべきで、地域の国際事務における意思疎通と協調を強化し、少しずつ東アジア共同体という目標の実現を推進せねばならない。

三カ国の指導者は、朝鮮半島核問題において意見交換を行った。温家宝は、最近の朝鮮訪問の状況を報告した。李明博と鳩山由紀夫は、温家宝総理の朝鮮訪問によって得た重要な成果を重視し、朝鮮が六者会談復帰の問題において柔軟性を示したことに注視し、韓国、日本は中国の半島非核化プロセス推進のために重要で建設的な作用を発揮したことを高度に称賛し感謝を示し、中国と協力関係を維持し、共同で六者会談の早期再開を推進し、半島の非核化という目標を実現したいとした。

また、三カ国の指導者は、世界と地域の経済情勢、気候変動、東アジア協力などの問題で意見交換を行った。

会議で、『中日韓協力10周年を記念する共同声明』と『中日韓持続可能な開発に関する共同声明』が発表され、以下のような成果を得た。2010年韓国で第三回中日韓指導者会議を開催し、できるだけ早く政府、産業、学界が共に参加する中日韓FTA区共同研究を推進し、中日韓経済団体協力交流システムを設立し、中日韓商工サミットを開催し、中国に中日韓循環経済のモデル基地を建設し、中日韓水質資源主管部長会議システムを築き上げ、三カ国の航空安全協力を展開し、2010年に中国で第四回中日韓青少年友好会見活動を開催し、更に一歩三カ国の人員の交流を拡大し、中日韓協力ネットワーク事務局を開設する。

会議の後、三カ国の指導者は共同記者会見を行った。温家宝は、今回の会議を通じて中日韓協力の方向が更に明確となり、内容がより豊富となり、我々の決心は更に固まったと述べた。三カ国の共同の努力によって、中日韓の協力の明日は更に良いものとなることを私は信じている!

外交部長・楊潔チ、財政部部長・謝旭人、商務部部長・陳徳銘、国家発改委員副主任・解振華、中国駐日大使・崔天凱、中国駐韓国大使・程永華らが上述の活動に参加した。

新華網「温家寶主持第二次中日韓領導人會議

ブログランキング ←宜しければランキングに1票をお願いします。

posted by タソガレ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 反日侮日媚日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのTrackBack URL http://blog.seesaa.jp/tb/130285245

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

日中韓が相互の国債購入で合意、市場安定化に協力強化へ

Excerpt: [マニラ 3日 ロイター] 日中韓財務相・中央銀行総裁会議が3日、フィリピンのマニラで行われ、日中韓が相互の国債購入を通じて金融市場の安定化に向けた協力を強化することで合意した。会議後に会見した.....
Weblog: ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント
Tracked: 2012-05-03 17:02