単なる間抜けか、それとも・・・@尖閣沖不法操業船長逮捕

2010年09月08日

海上保安庁の巡視船が日本領海内、尖閣諸島周辺海域で不法操業している中国漁船を発見し警告するも船体をぶつけるなどし逃亡を図るもこれを拿捕し立ち入り検査を行い、この船の船長を逮捕するとのこと。保安庁の方々ご苦労様でございます。

沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海内で、海上保安庁の巡視船と操業中の中国トロール漁船が接触した事故で、海上保安庁は7日夜、公務執行妨害の疑いで中国船の中国人船長(41)を逮捕する方針を固めた。漁業法違反(立ち入り検査忌避)の疑いでも調べる。

中国船は巡視船「よなくに」に接触後、逃走。停船命令に従わず、次に巡視船「みずき」に接触した。海保関係者によると、船長は追跡してきたみずきに漁船を接触させ、海保の公務を妨害した疑いが持たれている。

一方、外務省の北野充アジア大洋州局審議官は7日、在日中国大使館の劉少賓公使参事官を同省に呼び、遺憾の意を伝えて抗議。北野氏は「漁船が日本の領海に入り、違法に操業した事案だ」と指摘した。

中国外務省の姜瑜副報道局長は「中国は深刻な懸念を抱いており、日本側に厳重な申し入れを行っている」と述べた。「(尖閣諸島は)昔から中国の領土だ」と主張、日本側に周辺海域での巡視活動を停止するよう要求した。

第11管区海上保安本部(那覇)は7日午後、中国船に海上保安官22人が乗り込んで立ち入り検査をしていた。

共同通信「接触の中国船長を逮捕へ 海保の公務妨害容疑

中国側の反応は記事にもあるとおり外交部が「深刻な懸念」を「厳重な申し入れ」というテンプレ回答のほか、外交部副部長が「厳正な申し入れ」と「不法な妨害行動を停止するよう要求」するために日本の駐中大使との面会するよう命じられたと夜になり新華網が速報しております。

外交部の対応が後手に回っているとの批判は必至な状況だ(共同風)。

ちなみに外交部・姜瑜報道官の発言は定例記者会見で行われたものです。

事件の概要をば。

尖閣諸島の久場島沖の日本の領海で7日、中国のトロール漁船「◆(門がまえに虫)晋漁5179」(166トン、全長約33メートル)が第11管区海上保安本部の巡視船2隻に衝突した事件で、同本部は同日午後、漁船の立ち入り検査を続け、漁業法違反(立ち入り検査忌避)や業務上過失往来妨害などでの立件も視野に乗組員からの事情聴取を進めた。

同本部によると、漁船には15人が乗っており、全員が中国籍。けが人はなく、同本部は航行ルートや目的などを聴いているもようだ。

同本部によると、パトロール中の巡視船が久場島付近で操業中の漁船を発見。領海外に退去するよう警告したところ、漁船は午前10時15分ごろ、巡視船に接触して逃走を開始。約40分後、漁船を追跡していた別の巡視船にも接触し、逃走を続けたが、午後0時55分ごろ、排他的経済水域(EEZ)内で停止。海上保安官が乗り込んだ。(2010/09/07-20:49)

時事通信「中国漁船の立ち入り検査続く=乗組員15人、立件視野に聴取−尖閣沖衝突・海保

以下めぼしい記事をスクラップ。時間は日本時間。

香港誌・鳳凰週刊の最新号で来年6月に大規模な保釣行動を起こす予定であると語っていた香港の「保釣行動委員会」が、今回の件を受けて声明を発しております。

日曜日に台北で、大陸、台湾、香港、マカオ、海外華人の保釣活動家らによる会議を開催するそうな。

・・さてさて。

前原デージンが何か言ったようだけどソースである共同通信の記事が見つからない。

ブログランキング ←宜しければランキングに1票をお願いします。

posted by タソガレ at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東シナ海・尖閣諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのTrackBack URL http://blog.seesaa.jp/tb/161860199

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: