万国の中華諸君よ、団結せよ!@尖閣沖不法操業船長逮捕

2010年09月12日

コメントでお教えいただいた『香港文匯報』の記事を読んでみた。すごいよ、これ。

・・の前に中共外交部の動きを極簡単にまとめておきます。

  • 9月7日:外交部定例会見で「厳正な申し入れ」
  • 9月7日:夜、外交部部長助理が日本の大使を召喚する予定であると速報
  • 9月8日:外交部部長助理が日本大使を召喚し「強烈な抗議」、「人員と船の即時解放を要求」
  • 9月9日:外交部定例会見で「人員と船の即時無条件解放を要求」
  • 9月10日:外交部長・楊潔チが日本大使を召喚し「厳正な申し入れと抗議」、「人員と船の即時無条件解放を要求」
  • 9月11日:外交部、東シナ海ガス田協議の延期を発表
  • 9月12日:未明、戴秉国が日本大使を召喚し「賢明な政治決断」を促す

これはひどい。週明けには温家宝かね。

外交部の慌てっぷりが手に取るように判ります。日本側のカウンターパートが判らず混乱しているのでしょうか。目の前にいるのは民間大使だしね。それとも・・・

台湾の漁船のように罪を認め罰金なり保釈金を支払えば即釈放される可能性があるようですが、外交部が「無条件」なんて条件つけるから釈放できるものも出来なくなってしまいました。困った、困った。

では香港の親中紙『香港文匯報』の11日付の論評記事をば。

古雲

もし日本が釣魚島でやりたい放題できれば南シナ海の島嶼もその他の国家によってこの有様を学び蚕食分割され、中国の領土主権は外国に侵犯されるだろう。大局から見れば、中国は取らなければならない必要な反応を取らないわけにはいかず、日本側は中国の能力と決心とを過小評価しては決してならぬ。国内外の中国人は、みな同じ敵愾心をもって、保釣を一致団結し成し遂げ、民意は滾っている。民間保釣行動が主権を宣言したことは、中華子女の気迫と確固たる意志とを示したものなのだ。

9月10日、外交部長・楊潔チは日本の駐中大使・丹羽宇一郎を召喚し、日本側が釣魚島海域で中国漁船と漁民とを不法に拿捕したことに厳正なる申し入れと抗議とを行い、中国政府が釣魚島の主権と本国公民の権益とを守る決心は確固不動のものであり、日本は無条件で船長と中国漁民全員と漁船とを即時解放するよう要求した。

中国側の態度と立場は、非常に真摯で確固たるもので、日本人が所謂「巡視船による法執行」行動を利用し、中国人民が釣魚島は日本の領土であると認めるよう脅迫し、既成事実を作ろうとしているようなことは荒唐無稽な考えで、中国人は既に引くに引けず、絶対に奮起し反撃するのだ。事態はまさに悪化しており、もし日本側が所謂「法執行行動」、中国の船長の「起訴」を停止しなければ、中国の政府と民間は対応と事態とをレベルアップさせ、その時損をするのは日本である。日本は、中日指導者の以前に達成していた暗黙の約束を履行し、釣魚島付近近海で所謂「主権問題」を巡る活動を停止し、中国の領土主権を侵犯する野心を停止しなければならない。

あらゆる方法を試し占領の事実を作る

日本が中国の釣魚島の主権を侵犯しているのは、アメリカと第二次大戦以来行っている「アジア人がアジア人を打つ」、「アジアを分裂させる」という策略が関係している。釣魚島は古来より中国の神聖な領土である。第二次大戦後、アメリカ軍が日本を占領し、乗じて釣魚島を管理し、本来『カイロ宣言』、『ポツダム宣言』で釣魚島は日本が占領した領土として、戦後中国に返還されなければならなかったが、アメリカの信託統治の時期を経て後、1971年6月に陰謀詭計を弄し、沖縄島の日本への返還協定を利用し、どさくさに紛れて釣魚島を日本に手渡し、領土紛争問題を利用し中日労国の対立を生み出し、分割統治しようとしたものだ。

日本は下関条約によって、かって台湾を50年もの長きにわたり占領し、第二次大戦後台湾は祖国の胸に戻り、元の持ち主の元に戻った。日本の右翼分子は台湾占領を片時も忘れることがなく、戦後も常に沖縄の自衛隊のパワーを増強し続け、海軍と海上保安庁の「警察巡邏活動」を増強し、安全保障条約において日本とアメリカは共同防衛範囲に台湾海峡を含めているのだ。その後、日本の右翼分子が釣魚島に上陸し碑を建てた。最近の日本は立法手段によって、釣魚島は日本の国家財産であると宣布し、日本の巡視船による釣魚島付近海域の巡邏活動を強化し、台湾の漁船と漁民とを拿捕し続け、海峡両岸の人民の義憤を激しく呼び覚ましたのだ。

日本の釣魚島侵略行動は一歩一歩レベルアップし、あらゆる方法を試している目的は、占領の既成事実化である。

最近アメリカは日本と合同で、中日で争議のある島嶼付近で軍事演習を行い、これには釣魚島と東シナ海の島嶼が含まれ、アメリカの後押しと鼓舞の下、最近の日本の巡視船は非常に大胆になり、自分たちの釣魚島領海範囲で正常な操業を行っていた中国の漁船に体当たりし拿捕まで行い、更に日本で裁判にかけるというのだ。

国民は同じ敵愾心をもって保釣を一致団結で成し遂げる

日本は逮捕から起訴まで3日間の期限があり、もし日本が中国の船長を起訴するのなら、中国人民は必ずや直ちに反応を示し、釣魚島を占領しようとする野心を粉砕するだろう。中国は、漁業監視船の釣魚島でのパトロールは法執行行動であり、主権宣言行動でもあると既に宣言している。日本が中国の漁業監視船に指一本でも触れる勇気があると思うかね?釣魚島は福建に比較的近く、福建のミサイルは日本の海軍を対処するには十分だ。つまり、以前に台湾が大陸にミサイルを取り除けと要求したが、長期的視野による考慮が足りていないということだ。中国が強大な国防を建設し、領海と島嶼を防衛する必要性を全国民は今、理解すべきなのだ。

中国は本来、和を以って尊しを望んでいるが、日本の侵略者が少しずつ前進し、中国は既に引けないところまできており、日本がもし釣魚島でやりたい放題すれば、南シナ海の島嶼もその他の国家によってこの有様を学び蚕食分割され、中国の領土主権が外国に侵犯されることとなるだろう。大局に着目すれば、中国は必要な反応を取らないわけにはいかず、日本は中国の能力と決心とを過小評価しては決してならぬ。国内外の中国人は、全員が同じ敵愾心を持ち、保釣を一致団結し成し遂げ、民意は滾っている。民間保釣行動が主権を宣言したことは、中華子女保釣志士の気迫と確固たる意志とを示したものである。

保釣は、米日の台湾海峡での軍事演習による示威に反対する民間行動となったのだ!

香港文匯報「日侵釣魚島 中國人必有強硬反應

11日に掲載された記事ようですが書かれたのは8日でしょうか。久々にスカッとする反日糞青記事を見ましたw おまけに反米反緑風味も加味されカオスなものとなっております。

ただ大陸メディアでも同じような理屈で「今回の件の元凶はアメリカ」というものが見られ、人民元切り上げ圧力から南シナ海、黄海での衝突の影響が少なからず及んでいるようではあります。

条約によって尖閣諸島が日本の領土と定められていることは彼らも認めるところ。だから彼らは「古来より我が領土」と叫ぶしかないのです。

閑話休題。

『香港文匯報』の記事にある署名「古雲」とやらの論評記事を今までひとつも読んだことがないので、どのような人物なのかわかりません。生粋の保釣活動家だったりするのでしょうかね。

更に『香港文匯報』のサイトを覗いたのも実に久しぶりなので、ありそうな流れの中で出てきた記事なのか、それともこれまでの流れからかなり浮いたものであるのかどうかもわかりません。

正直、コメントで『香港文匯報』の文字を見た瞬間「あっ」と声が出てしました。忘れていたのよ、こいつの存在をw

ヲチから遠ざかる以前、『香港文匯報』に対して、中央が対外融和政策を取ったことではじき出された強硬派の人たちの憂さを晴らす場所となっている、軍とのパイプが太い、といった漠然とした印象を持っていました。全体がそのような色を持っていたというわけではなく、そのような記事の割合がそれ以前に比べ多くなってきたという印象があったということです。

ともかく、最近の『香港文匯報』の傾向を全く知らないので、時事通信が言う”異例”がどの程度”異例”なのかは判りません。

この動きと連動しているのかどうかわかりませんが気になる動きとして、10日にオーストラリアの華僑グループが今回の日本の措置を非難する声明を発し、新華網がこれを伝えています。

この件で思い出すのは、中国全土で反日デモが吹き荒れる前夜、まずアメリカ華僑らが反日の狼煙を上げたということです。当時は日本の国連常任理事国入り反対が反日デモのきっかけだったのですが、まずアメリカで反対署名活動が始まり、それが厳しく情報統制されていた中国本土に輸入され、のちに全土で反日デモが吹き荒れる事態にまで進展したのでした。

今のところ最も血気盛んなのは、台湾、香港、マカオの保釣活動家らで、台北で行った会議の結果、早ければ12日の晩に尖閣に向けて抗議の為に出航するようです。ただし最終決定は12日の午後だとか。また、内地ではアモイから12日に尖閣に向けての出航が予定されているとか。

以前のように中共は国境警備隊に拘束命令をだせるのでしょうか。

ちなみに今回の『香港文匯報』の記事、今のところ百度のニュース検索ではヒットしません。弾かれているようです。しかし、ブログや掲示板に転載されているものは散見できます。

追記:内地組は当局が待機を要請

12日に尖閣諸島へ向けて出航するとしていた内地組は当局から待機を要請され、出航せずに静かに待っておるそうです。

台湾を訪問中の香港組は、台湾当局が台湾人以外を保護対象とする許可を出さないこともあって、香港人を乗船させ尖閣諸島に向かってくれる船の手配に手間取り、当初予定していた夜の出航を諦め、明日の午後台湾から出航する予定だとか。尚、台湾当局の許可は未だなく、止められ罰金を支払うこととなろうが、とりあえず出航はすると意気込んでおるようです。

一方、日本側は、石垣島近海で衝突の再現検証を行ったようです。

ブログランキング ←宜しければランキングに1票をお願いします。

posted by タソガレ at 06:13 | Comment(11) | TrackBack(1) | 東シナ海・尖閣諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのTrackBack URL 

この記事へのコメント

台湾活動家が尖閣へ出航=状況次第で上陸の可能性も
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2010091300732
領有権主張の団体が台湾から出港 14日朝に尖閣到着
http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010091301000548.html

まだまだ続きそうですね。
他の団体も続ますかね。
Posted by at 2010年09月13日 20:35
結局、香港人は乗らなかったのですね。


「あ」でも「う」でもいいので何か名前を記入してもらえるとありがたいです。
Posted by タソガレ at 2010年09月13日 23:44
すいません。

かなりがっかりする記事がNYTにでてました。
今回の尖閣問題は中国側の言い分に分があるという無いようです。
http://kristof.blogs.nytimes.com/2010/09/10/look-out-for-the-diaoyu-islands/#more-6399

ピューリツァ賞二回もとってる人が、NYTで日本は間違ってる、中国が正しい。
アメリカは日本の味方をするなと、でかでかと書かれたら、
問題を知らない国は日本の横暴、中国が正義なんだと思うでしょし、これを中共や中国マスコミ最大限喧伝するでしょうね。
正直南シナ海での中国批判があったので、その流れで中国の膨張を批判する流れがあるのかと思いましたが、
これでは日本以外の国際社会は中国に味方する世論が生まれるでしょうね。
日本は外交で負けてますからね。
アメリカは日本を敵視し中国を友人と見る向きがあるように思えます。
今日の朝台湾の団体が上陸を試みるとか言ってますので、
それが報道されると、日本はけしからんという世論が欧米で生まれるのかもしれません。
Posted by かにかま at 2010年09月14日 01:36
北京で18日、大規模反日デモか 公安当局、異例の警戒
http://www.asahi.com/international/update/0915/TKY201009140572.html

さてどうなるか・・・
Posted by 二化 at 2010年09月15日 12:59
> かにかまさん。
NYTのサイト構成は全く知りませんが、アドレスに「blogs」とありますが、これはNYTの記事なのですか?

> 日本は間違ってる、中国が正しい。アメリカは日本の味方をするな
どこに書いてあるのでしょうか?

「安保条約によってアメリカの守備範囲となっているので厄介ごとに巻き込まれるのは真っ平ごめんだぜ」つーことではないですかね。

反日現象は、日本がどーこーというより中国の国内問題(事情)が大半を占めていると私は見ております。
ともかくこの記事を大陸メディアが紹介していないか漁ってみることにします。
このようなことにかけての彼らの嗅覚は恐ろしいほどきくのでw


> 二化さん。
9月18日の存在をすっかり忘れてましたw

個人的に気になるニュースは

常任理事国入り再挑戦、アフリカに支持浸透図る
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100912-OYT1T00609.htm
政府は、9月に始まる次期国連会期から、国連安全保障理事会の常任理事国入りに向けた安保理改革に5年ぶりに挑戦する。
(後略)

華僑らが反対署名のアップを始めました。
5年ぶりに反日デモの嵐が〜。
温家宝が会談を断るはずです。

冗談はともかく、日系企業での労働争議は全く追いかけていないので現状も全く判らないのですが、状況次第ではこれと合流して大きな流れに・・・という空気があったりするのでしょうか。


つーか、数日漁らなかっただけで記事が大量に・・・ぃい。
どこから手をつければいいのやら。
Posted by タソガレ at 2010年09月15日 21:03
と言う事は韓国のG20には出席しつつ、
11月のAPECには胡錦濤は欠席するんでしょうな。
うーん・・先が読めません。
Posted by 二化 at 2010年09月15日 21:44
APECには胡錦濤が来る予定なのですか?

いずれにせよAPEC欠席は中国政府としても避けたいところでしょうから、それまでに何とか抑え込むんじゃないでしょうか。
よりによって日本で開催とは・・・ね。

保釣糞青、アメリカ華僑に伝播したようです。西海岸に上陸です。18日に中華街でなにやらやらかすよう。主催は「中国統一促進会」。
http://world.huanqiu.com/roll/2010-09/1101082.html

逆輸入されるでしょうか。
Posted by タソガレ at 2010年09月15日 23:55
>APECには胡錦濤が来る予定なのですか?

去年のシンガポールには来てましたね。
http://www.life.com/image/93026934

韓国でのG20が日本で開かれるAPECより僅差で早く開かれるんです。
韓国が日本よりも早い日程でG20を開きたいと、オバマに懇願したとかしないとか。
中国としては韓国には行って、日本へは行きませんという方が、日本への脅しにも
なるだろうし、国内に対して日本を軽視してやったぜ、という印象を持たせる事も出来る。

今の状況じゃ胡錦濤どころか中国欠席という可能性すらあるでしょうね。

>保釣糞青、アメリカ華僑に伝播したようです。西海岸に上陸です

国内は反日を煽るだけ煽ってるようですし、国外も同じ状況の様ですね。
これはもしかするとかなり危険な状況になるかなぁ・・

中日の陸海空技術の比較

http://j1.people.com.cn/94474/7140867.html
人民網も日本の軍事力は大した事ない。アメリカ頼りだ、みたいな煽りを入れています。
これは対立の時代を予見するものなのか、
日本に対する軍事的な圧力をかけようというものなのか、国内的に優越感に浸りたいだけなのか。
アメリカとうまくいかないと見るや色んな事がおきますね。

日本のウラン濃縮に「懸念」=事務局長に報告求める―イラン

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000012-jij-int

直接は関係ないですけど、中国というバックを得たイランは、アメリカの制裁案にのった日本を
攻撃し始めています。
もう中国がいれば日本など必要ないと言うことなのでしょう。

中国の反日、かなり悪化していくと思われますか?
Posted by 二化 at 2010年09月16日 16:35
環球時報英語版だそうですが、
尖閣諸島で日本への軍事力行使を仄めかす社説http://opinion.globaltimes.cn/editorial/2010-09/572798_2.html

http://sankei.jp.msn.com/world/china/100916/chn1009160231001-n1.htm

>丹羽宇一郎駐中国大使は14日、中国外務省を訪れ、対抗措置などで事態を悪化させないよう要求したが、既に中国側は追加措置を取る構えという。大国化した中国と付き合うのはますます難しい。

経済やら資源やら、尖閣周辺に軍隊をおくってくるなんて事もあるんですかね。
Posted by すっちん at 2010年09月16日 22:31
> 二化さん。
G20もありましたか。

> 中国としては韓国には行って、日本へは行きませんという方が、
> 日本への脅しにもなるだろうし、国内に対して日本を軽視して
> やったぜ、という印象を持たせる事も出来る。

ん〜、二国間会談ならば「延期」はかなりの確立でありえるでしょうが多国間会議を蹴っ飛ばすというのは、どうなのでしょうか。もちろん現状だと日本との二国間会議は外相レベルやそれ以下でも全てキャンセルの可能性は非常に高いと思いますが。
G20を洪水(地震だったかな?)で中座したことがありましたが、人民元問題など痛い腹を探られたくなく渡りに船とばかりにキャンセルするのでしょうかね。

> 中国の反日、かなり悪化していくと思われますか?
現地の方は最悪を想定し行動しないといけないとは思いますが、悪化していくかどうか、ちょっとまだ判りません。
今のところ統制され程よく抑制されている印象は受けます。
5年前の反日暴動は数ヶ月をかけて、様々な燃料が加わり、じっくりと発酵し爆発したものだったので、あのレベルならもう少し時間と更なる燃料がほしいところです。

保釣糞青が東海岸に到達した模様
http://world.huanqiu.com/roll/2010-09/1107836.html

そしてこのタイミングで
「東沙諸島を海外メディアに公開=南シナ海開発への参画をアピール−台湾」
http://world.huanqiu.com/roll/2010-09/1107857.html
Posted by タソガレ at 2010年09月16日 23:57
> すっちんさん。
紹介くださった英文記事以上に思いっきりストレートに、中越、中印紛争、珍宝島事件を例に軍事行動に触れた社説を親中紙『香港文匯報』が、13日に既に掲載しております。
http://paper.wenweipo.com/2010/09/13/WW1009130001.htm

同日の別の記事では、南シナ海で対米強硬論戦を張った海軍少将が、戴秉国まで出動させた政府の動きを評価しながらも、これは政治的限界点に達したことを示すものであるとすごんでおります。
http://paper.wenweipo.com/2010/09/14/CH1009140002.htm

『香港文匯報』、すっ飛ばしておりますw
Posted by タソガレ at 2010年09月17日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

あちらが立てば、こちらも立たねばならない訳で。

Excerpt: 中国漁船「ミン晋漁5179号」の衝突事件ですが、予想以上に面倒な展開になってきま...
Weblog: やうちさん、ニュースだよ!
Tracked: 2010-09-15 03:14