温家宝の謝罪など屁のつっぱり@大寒波

2008年01月30日

まず、毒入り餃子の件を少し。

香港と大陸で検索したところ下記の2種類のみヒットしました。

上記の香港の『星島日報』の記事では、冷凍餃子は「昨年11月に河北省にある会社が輸出したもの」で、5歳の女の子が意識不明となったことも記してあります。そして香港の食品安全センターも事件の進展を注視していると記事を締めくくっています。

人民日報のWEB版である人民網の記事ですが、今のところ大陸ではこの1種類の記事を数社が転載しているといったところ。記事は「日本の共同通信の報道によると」で始まり、餃子を食べた家族が嘔吐や下痢の症状が現れ10日間入院したことは記してありますが、一時意識不明に陥った女の子がいることには触れていません。そしてこの餃子は中国で生産されたとだけ記してあります。

全く同じ記事をポータルサイトである網易が転載していて、そこに併設されている掲示板では・・・数は少ないですが糞青どもが想像通りの書き込みを。なぜか日貨排斥を叫んでいる者がいたりするしw

そんな中で比較的冷静なものを。

日本のメディアが言っている?この冷凍餃子を生産したという会社の公表を強烈に要求する!ただし確固たる充分な証拠がなければ日本のメディアに謝罪を要求する!

網易「日媒体称中国産冷凍餃子致人中毒 正展開調査

いや、てめーらのメディアが報じていないだけなんだよ。

表題の件。

大寒波の被災地を訪れている温家宝は、29日の長沙に続き30日には広州駅に現れています。

そんな温家宝の慰問についての香港紙『明報』の論評記事をば。

大雪がもたらした災害が10日間続いた後、中央のハイレベルの救済処置がようやくゆっくりと遅れてやってきた。遺憾ではあるが、事後対策をするのには遅くはない。温家宝は長沙駅で苦しんでいる旅客に対して「お詫びの意」を伝えるた時、人々は、温家宝は謝罪したがまだ被災している人民に謝罪すべき者がいるだろ?と問わずにはいられなかった。

電監会、鉄道部、発改委員にみな責任がある

政府は温家宝が専用機の中にいる1枚の写真を発表した。そこには温家宝の周りに国務院副秘書長。張平、国家電監会主席・尤権と鉄道部部長・劉志軍が写っていた。そのうち尤権と劉志軍は、最初に全国人民に謝罪すべき高官で、1度の暴風雪で「ドミノ式」に電力網を倒潰させ、これは世界的にも滅多に見ることの出来ないことだ。電力網の予備と応急能力もこのように脆弱で、全国の電力システムの主任管理部門、電監会は辞職しても足りない。鉄道の春節輸送の応急能力もこのような一撃に耐えることができなかった。1ヶ月前には中国鉄道は「高速時代」の「鉄道の長子」だと大法螺を吹いていたが、その正体があらわとなった。もちろん、昨日の写真の中にも謝罪すべき人物が1人かけている。国家発改委員主任・馬凱だ。彼は全国のエネルギー機構の主管で、発改委員は市場原理を無視してまず価格を制限し、各地の炭鉱が閉鎖し減産の危機となっていることを精査せず、この冬の発電用石炭不足を招いた主要な責任者だ。

被災者に対して謝意すべきは上述の3人に留まらない。被害が深刻な地域である湖南、湖北両省の指導者、大雪で民衆が災難に遭遇しているときに、全力で救援部隊を組織することなく、両会の開催に没頭し、人事ゲームに興じていたのだ。

更に、問いたださないといけないのは、1998年の洪水の時には突撃し戦った解放軍が、今回はどうして動きが遅かったのだ?ということだ。ようやく昨日、15万人を出動させたが焼け石に水であることは間違いなく、交通は大軍が救助に向かうのに制限されているとはいえ、強力なヘリコプター部隊は道路と鉄道が寸断されている中にあっては最も強力な救助機動力ではないのですか?

孫嘉業

明報「中國評論:該道歉者 豈止温總

下記が記事中にある政府が発表したという被災地へ向かう専用機の中の様子を写した写真。

china0191.jpg

この写真と温家宝の謝罪パフォーマンスに『明報』が切れたということですかね。

上海空港では、3日間足止めを喰らった帰省客が「家に帰せ!」と詰め寄り公安と小競り合いを演じたとか。

呉儀が「これは天災だ人為的なものじゃない!」と叫ぶわけです。何から何までお粗末。

そして対応もありえないぐらい遅いわな。大寒波が襲来して今日で19日目ですが、ようやく胡錦濤主宰の被害情報集約チームが設立された模様。

3月に全人代と政協会が開催されるのですが、日本なんかだと民主党が「政府与党の怠慢だ!」と鼻息荒く攻撃し、首相の辞任などを激しく要求したりするところですが、中共はどーすんだろねー(棒

被災者らの怒りが尋常でない雰囲気を察してか、温家宝が頭を下げそれを被災者が厳しい目つきで睨んでいるという珍しい写真を新華網が掲載しています。

china0192.jpg

ブログランキング ←宜しければランキングに1票をお願いします。

posted by タソガレ at 23:58 | Comment(7) | TrackBack(1) | 食品、疫病、災害とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのTrackBack URL 

この記事へのコメント
偽装牛肉コロッケも生協だったなぁ。給料未払いで恨みを持った出稼ぎ労働者の犯行という結論に551肉まん。そしてJTは取引先を変えるも経営者は同じというオチにマイルドセブン1カートン。

そーいえば。これはワロタ。
はてなブックマーク - YouTube - 餃子 古館コメント
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://jp.youtube.com/watch?v=NK5szuiNbTE

ところで。このところ、Seesaa調子悪いっすねぇ。orz
Posted by 果科 at 2008年01月31日 09:40
551は肉まんじゃなくて豚マンですw

周りではすでに中国産ということについては「やっぱね」という声が多かったです。それより「生協が・・」つーのが多かったです。
中国産が加工品となるとほぼノーチェックで入ってきてしまうことに対する驚きの声が多かったですかね。
食品企業や外食産業がこのような声にどう応えていくかでしょうか。

ついさっきの報ステにて。
・お弁当に入れる前に味見を
・五感を頼りに
もうね、アホアホw
Posted by タソガレ at 2008年01月31日 23:54
NHKの報道によると兵庫の餃子の袋に穴があり、製造過程で混入したのではなく、何者かが外部から入れた可能性もあるとのこと。
もし日本で誰かが入れたとなれば、日中でもう一もめありそうです。
Posted by JJ at 2008年02月01日 14:28
なんとなく情けない写真ですね。
人民も、カーッとなって殺っちまいそうな物騒な目つきですね。

この頃は彼も若かったなぁ…と。w

89年六四前夕赵紫阳在北京天安门广场对学生发表讲话
http://jp.youtube.com/watch?v=3ZxjV0s2CrA&mode=related&search=8919
Posted by a Jap at 2008年02月01日 22:22
あれあれ…?
なんか簡体字のタイトルが正常に表示されないようです。
すみませんm(_ _)m
Posted by aJap at 2008年02月01日 22:23
念のため…
ああ、彼も若かった。

89年六四前夕紫在北京天安广学生表 ×

1989年六四前夕趙紫陽在北京天安門広場対学生発表講話○

Posted by a Jap at 2008年02月01日 22:29
> JJさん。
犯人探しについては今後の捜査の進展を待つしかないですね。現段階では被害がこれ以上広がらないよう、汚染されている可能性のあるものを恐れず阻止することでしょうか。
ただ、メタミドホスが日本では農薬登録されておらず簡単に入手できないことや被害報告が全国各地から寄せられている現状からも日本で混入されたとは考えにくいとは思います。

中共外交部は「科学的な根拠なく騒ぐのは責任ある態度ではない」なんてほざいて論点ずらしに必死ですが。

あと外交部が「日本向けを含め輸出食品の安全管理は非常に厳しくやっている」なんて言っていましたが、これって中国人として聞くと微妙な言い回しですよね。国内品は厳しくないのかよー!って声が聞こえてきそう。


> a Japさん。
> 物騒な目つき
ほんと視線で刺し殺してしまいそうなぐらいの目つきですよね。

紹介くださった映像、そうでした。
20年後まさか自分が群衆の前で拡声器を持って慰問する羽目になるとは夢にも思っていなかったでしょうね(広州駅では群衆を前に拡声器を使って慰問しとりました)。
このとき趙紫陽は失脚がすでに決定していたんですよね。当時のことが脳裏によぎったでしょうね。
Posted by タソガレ at 2008年02月02日 15:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

「日本人は蝿」 中国人が見た毒餃子事件

Excerpt: 毒餃子事件に関して、タソガレさんのところにリンクしてあった「網易」の掲示板を見たら、わたし好みの書き込みがあったので、そこからいく...
Weblog: 日本の評判
Tracked: 2008-02-01 08:54